1. HOME
  2. ブログ
  3. ももよの奄美三線島唄お稽古 野茶坊節(年の祝い唄)

ももよの奄美三線島唄お稽古 野茶坊節(年の祝い唄)

奄美民謡 武下流

月に1〜2回は、師匠 武下和平の元へお稽古にでかけます。

師匠とのお稽古では、毎回、新しい気付きがあり原点に立ち返ります。

今回の唄は野茶坊節。一般的な野茶坊節の歌詞ではなく、年の祝い唄です。

未だ歌い込みが足りず、間違いもあり(汗)冷や汗かきながら、師匠との貴重な時間を噛み締めつつのお稽古でした。

野茶坊節(年の祝い唄)

六十重ねるば 百二十の お年
かけふしゃに召上れ 若方加那志

七十三がでぃや 若きお年
八十五ば迎えて 九十九まで

六十一迎えて 七十三迎て
八十五ば迎て 百才願う

親や年寄りゅり 子孫や栄えゆり
子孫打ちすろてぃ 百才願う

親や年寄ゆり 我ぬや花咲きゅり
年寄ゆる親ぬ 心配どしちゅる

浮世仮島に 何時がでぃも居られゆむぃ
情あれよ加那 心あれよ加那

【榮百々代 野茶坊節】

奄美民謡 武下流

—————————————-
【師匠のお言葉】

唄の意味を知らない人が多いので、唄う前に歌詞の読み上げをする。
お互いにシマ唄を大事にしていきましょう。
—————————————-

今後も精進します。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

おすすめ記事

最新記事

fb

Instagram

This error message is only visible to WordPress admins

Error: API requests are being delayed for this account. New posts will not be retrieved.

Log in as an administrator and view the Instagram Feed settings page for more details.